絵日記 日日平安 草競馬流浪記 船橋編
2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06

草競馬流浪記 船橋編

 ゴールデンウィークについてグダグダ書こうと思ったが、最終日に「あっ、今日はエスポが走る日だ」と思いあたって船橋競馬場へ行ったのでその話を先に。

 船橋競馬場まではバイクで20分、中山よりは遠いが、まあ近所である。どでかいららぽーとの隣にある。行くのは初めてだった。
 場内がまた「昔の鉄火場」の雰囲気で、大井よりも帯広のばんえい競馬を思い出す。モニターも馬券のシステムも旧式でオッズもよくわからず、JRAに慣れている人間にはちょっと……だが、すぐに慣れてしまう。というより、こんなに近くに草競馬場があることに驚く。
 地方(南関東)競馬はJRAよりもよっぽど商売熱心で、「騎手名鑑」「かしわ記念特製レーシングプログラム」などが無料配布、とくに「騎手名鑑」が使える。また、G1ということで須田鷹雄氏を中心とするトークショーが。ここに、3月まで「大竹まことのゴールデンラジオ」金曜日のレギュラーだった六車奈々さんが出ていたので思わずパシャリ。僕以外は誰もカメラなんて構えていないので、遠慮がちに撮る。

nana_roku

 かしわ記念のパドックでは、エスポワールシチーがあまり良く見えない。調教師も「フェブラリーSほどの調子はない」と言ってるので、まあ本調子ではないのだろう。でも地方のG1、しかもG1 5連勝を賭けた勝負で、8割ほどの仕上がりか。エスポの力なら8割でも充分だろう。との予想通り、レースでもフリオーソを差すのに手間取ったが、きっちり差しきる。天皇賞のレベルの低さ、つまらなさに比べても、ダートのレベルは素晴らしい。その実力者の中でも突き抜けているのだからエスポワールシチーは素晴らしい。
 佐藤哲三騎手も「いつもの走りじゃない」と言ってるぶん、嬉しかっただろう。

 というわけで次はブリダーズCを目指すらしい(うまくいけば)。今年こそ海外観戦へGO! ミントジュレップをしこたま飲むぞ!(管理人)

espokun
本調子でないエスポくん

tetsu_s
いつもより愛想がいい哲ちゃん
スポンサーサイト
[ 2010/05/06 12:34 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索