絵日記 日日平安 「ジョニーは戦場へ行った」(1971)
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

「ジョニーは戦場へ行った」(1971)

 学生時代、豊橋という街の「ホリデースクエア」という駅から離れた場所にホテルとかボーリングとか映画館とか、あと、当時はディスコ(一瞬でなくなったが)なんてものが集まっているバブルの残滓みたいな場所があり、そこにあった「ホリデイ・イン・シアター」という映画館では、結構昔の名画がかかったりしていた。夜18時と21時の回しかなく、ほとんどお客もいなかったが、これもバブルの残り香がある設備だけは真新しいきれいな映画館で、結構しょっちゅう入り浸っていた。

 先日「ジョニーは戦場へ行った」をDVDで見返して、そんな映画館を思い出したのはどうしてかわからないが、ともかくあまりの衝撃に見終わってすぐ立ち上がることもできず、たぶんそれ以来自分は閉所、暗所、狭所恐怖症になったのだと思う。それぐらい「怖い」映画だ。DVDはずいぶん前に買っていたが、怖くて数年見返せなかった。

 それ以上、この映画についてはなんにも語ることができないというか、まさに「人間が味わう絶望の淵」の頂点をみせつける映画で、町山智浩さんが語る下記YouTubeを聞いてもらうのが一番わかりやすい。

 【必見!】町山智浩が選ぶ最恐映画。「死の恐怖を超える映画体験。」~ジョニーは戦場へ行った~

 ここでも語られているが、人間はどんな苦痛な目に遭っても、じつは本当に絶望的なのが「自らの意思をどこにも伝えられないこと」である。戦争で両腕、両足、目、耳、口を失った青年の現状と回想、そしてようやく外の世界へ思いを伝える手段を得るが……というこの物語は、たとえでもなんでもなく「究極の反戦映画」であるが、それが赤狩りで「言論」や「表現」を封じられた監督・脚本のドルトン・トランボの思いと重なると考えるとさらにテーマは深く、しかもそれはじつは、「封じられた」人間だけの問題ではない、人間全体が普遍にもつ「孤独」と「絶望」のことだと気づくと、この映画はさらに怖く、恐ろしく、どうしようもなく悲しいものになる。(管理人)

※トランボについてはこちら
 → http://ci5.blog20.fc2.com/blog-entry-1657.html
   http://ci5.blog20.fc2.com/blog-entry-1659.html

20200615
スポンサーサイト



[ 2020/06/15 11:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索