絵日記 日日平安 赤松利市を読む vol.1『藻屑蟹』『ボダ子』『鯖』
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

赤松利市を読む vol.1『藻屑蟹』『ボダ子』『鯖』

 「エヴァンゲリオン」というのが昔から嫌いで、なんせ大仰すぎる。自分のアイデンティティとか個人的な問題を言ったかと思えば「人類補完」とか、まあ、水島新司先生の「引っ張り」の野球もひどいものだが、「エヴァンゲリオン」の100倍以上愉しい。
 そもそも、大昔に「お金」と「スケジュール」で失敗した作品をここまで再生産する価値はこのアニメにはない。

 アニメとか動画とかをつくる「高度な」技術に依ってしまった人の最期はこういうものなんだろう。つまらない芸術だ。

 というわけで、赤松利市著『下級国民A』『アウターライズ』に続き、3冊続けて読んだ。これがまた凄かった。凄すぎた(笑)。「エヴァンゲリオン」みたいな駄作をつくりつづけている人に見習ってほしい傑作群。

(『下級国民A』『アウターライズ』については下記参照)
 http://ci5.blog20.fc2.com/blog-entry-2190.html
 http://ci5.blog20.fc2.com/blog-entry-2189.html

『藻屑蟹』『ボダ子』
 赤松氏が被災地事業からも出奔して東京でホームレス同然のアルバイト生活をしていたころに書いたのが『藻屑蟹』で、これが大藪春彦新人賞を受賞した。被災地事業をやりながら境界性人格障害の娘と生活している頃のことを描いたのが『ボダ子』で、これは本やウェブのインタビューで「ほぼ実話」と明記している。ノンフィクションとして書かれた『下級国民A』と併せて読むと、そのときの状況が時系列につながって非常によくわかる。

 と書いていくとなんでもない自叙伝的小説にも思われるかもしれないが、内容が凄すぎてとてもここでは説明ができないことと、「人の欲望」と「狂気」、「金」にまつわるいわゆる梁石日の大阪時代的、 在日朝鮮・韓国人社会の世界が、「被災地」と「賠償金」という2011年の日本にいきなり現れた「欲望の渦」というかいまでいえば「欲望のウイルス」のようなものによって現前する。させられる。
 「T電力」という国家権力か一企業の巨悪なのかよくわからない企業の力と意思、金と権力によって人々が踊らされる。その渦中に小説の主人公たちが七転八倒する。

 主人公たちはそこを様々な不条理な目に遭いながら渡り歩き、でも打ちのめされ、どんどん敗残者の道を歩かされる。そういう小説である。

 説得力があったのが、『藻屑蟹』に書かれている「分断」の話である。「被災者への莫大な賠償金」が原発避難民と一般市民を「分断」している。莫大な賠償金で避難民を骨抜きにし、一般市民の差別(嫉妬ややっかみ)の対象とし、両者が団結できないようにする施策である。放射能は目に見えないが、「隣に一億円もらった人がいる」となるとあっという間に「目に見える」差別の対象となる。それを巧みに利用した人心(原発反対)の分断の施策、というのは聞いてみればまさに納得できる狡猾な戦略である。

 『鯖』については次回。(管理人)

20200524
スポンサーサイト



[ 2020/05/24 21:11 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索