絵日記 日日平安 『東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか』中村淳彦
FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

『東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか』中村淳彦


 非常に「痛くて」「暗澹たる」気持ちになる本。

 いまの学生はまったくお金がない、「奨学金貧困」、そして若い女性があっという間に風俗に走ってしまう現実。

 さらにショッキングなのは、高学歴で結婚して裕福に暮らしていたはずの女性がまさに「躓いてしまう」経緯で、

「離婚」「シングルマザー」→「再就職」→底辺の現場で「パワハラ」「セクハラ」を受ける→「辞めてしまい貧困」

とか、

そういう人たちを賃金の低い介護職へ導く「官製貧困」→「15時間労働」→「身体を壊す」→「医者が儲けるだけのための危ないクスリの処方」→「障がい者へ」

という貧困。

 結局、現代日本の女性たちは昔からの「婚姻制度」に薄く守られているだけのたいへん脆弱な基盤しか持たない潜在的弱者であり、ほんのちょっとしたきっかけで(夫のDVとか)婚姻制度を捨てた瞬間、単なる弱者になる。

 社会はまた悪意に満ちていて、社会の底辺にいけばいくほどあらゆる「ハラスメント」が蔓延しており、彼女たちを追い込む。さらに社会には様々な罠があり、弱い存在からもまたお金をむしり取る人たちがそこらじゅうにウヨウヨ。

 そういえばたったいま、5分前に入っていた「PRONT」でも、隣の席で完全な「ネズミ講」か「自己啓発」かわからないが、詐欺商法であることは間違いのない「勧誘」で一人の女性が騙されていた。

 いつからこういう時代になったのか、昔からこんなに貧困だったのかよくわからないが、そんな底辺の会社でなくても「パワハラ」や「セクハラ」は溢れており、外へ出ると人々は悪意で充ちている。そう感じしかないという、恐ろしい本。(管理人)

20190913
こちらもイギリスのお土産写真。どこかわからないが、クイーンの展示物がある店らしい。白いギターに「QUEEN」、黒い衣装に「BRIAN MAY」とある。
スポンサーサイト



[ 2019/09/13 13:27 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索