絵日記 日日平安 クイーン「ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム」
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

クイーン「ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム」

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」のクライマックスである「LIVE AID」(1985年7月13日)の1年後(1986年7月12日)に同じ会場(ウェンブリースタジアム)で行われたライブのDVDをみた。

 最後のツアーとなったライブで、フレディはこのたった5年後に亡くなる。史実とは違う部分も多いが、映画で描かれていた通り、「LIVE AID」の直前のクイーンはまさに「解散直前」で、でもツアーをやっていて日本にも来ていた(1985年5月)。

 このウェンブリーはまさに映画の続編のような、「甦ったクイーン」のライブであり、映像のフレディのボーカルは超絶過ぎてとても「最後のライブ」とは思えない。もちろん発病もまだだったのだろうけど……。

 このライブツアーは結局日本に来なかった。なんで来てくれないのか当時は悔しくてしょうがなかったが、その頃の日本では観客動員は無理だったのかもしれない。チャートで「クイーン」を探すと「クイーンズライチ」、レコード屋でCDを予約しようと「フレディ・マーキュリーのアルバムを予約したいんですけど」というと「小比類巻かおるですか?」という、まったくよくわからない聞き違いをされた時代だ(笑)。

 「LIVE AID」直前の1985年5月の日本公演も名古屋はガラガラ(当時の語学クラスで一緒だった女性の証言)。まあもともと名古屋はガラガラな土地柄で、2012年のブライアン・アダムスも、ガイシホールからセンチュリーホールに変更になるほど入らなかったようだが、そのころのクイーンのガラガラはまさに1985年の日本を象徴していたようで、1986年の「Kind of Magic」ツアーがバブル当時の日本にやってきたとしても、もしかしたらまったく観客動員ができなかったのかもしれない。

 それはともかく、1986年最後のウェンブリーから1991年の死まで、クイーンとしてアルバム2枚(+逝去後の「Made in Heaven」を入れると3枚)、ソロで1枚(「バルセロナ」)リリースするという多作ぶりで、ライブには来れなくても、フレディの息遣いは聞こえていた、そんな5年間だった。(管理人)

20190214
スポンサーサイト



[ 2019/02/14 13:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(3)
アカデミー賞
ラミ・マレック、主演男優賞取りましたね!
予想通りです(笑)
本屋大賞、あたった方がおごるのはどうでしょう?(笑)
[ 2019/02/25 23:31 ] [ 編集 ]
作品賞は逃しましたね。でもすごい。
アカデミー賞オープニングのクイーンライブも良かった(笑)。

では、本屋大賞は2冊しか読んでないので、僕は逆張り、◎木皿泉としましょう。
当たったほうが「おごられる」ですよね(爆)。
[ 2019/02/26 09:58 ] [ 編集 ]
あっ!「おごられる」です(^_^;)
調子に乗ってこういうことするとはずれるんですよねえ・・
[ 2019/02/26 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索