絵日記 日日平安 映画「ボヘミアン・ラプソディ」をみる
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

映画「ボヘミアン・ラプソディ」をみる

 というわけで、映画「ボヘミアン・ラプソディ」をみた。

 まず驚いたのが観客の数。「超満員」というわけではないが、この手の映画ではあり得ない客入りで、フレディの死後27年経ってもファン世代は一回りも二回りもしているのを実感。ポール・マッカートニーの人気もそうだが、ファンが何世代も回っていくことくらい音楽家にとっては素晴らしいことはない。

 そしてオープニングが「21世紀FOX」の例のヤツなのだが、そこに入るギターの音がもうたっぷり「ブライアン・メイ調」で、一気にクイーンワールドに!

 僕くらいクイーンの関連の資料を読み込んでいると、歴史やエピソードなどに新しい情報はほとんどないのだが、それでも「読んで想像していたもの」がリアルに現前するくらい凄いことはない。伝説となっている「ボヘミアン・ラプソディ」のレコーディング以外にも「ああ、あのときの!」と思われる楽曲のシーンがふんだんにあって、でも単なる「伝記」映画ではない、まさに「アート」(ブライアン曰く)にまで昇華している。

 クライマックスは、それもまさに何十回も映像でみた奇跡の、そして伝説の20分間のライブであり、実際の映像とエピソードが俳優の演技と一体化する。それ以降のクイーンやフレディの死をまったく語らず、映画があそこで終わるというのは、人生はまさに信じられないような物語が起こりうる、奇跡とは実際にあるということ、逆にいえば、そんな奇跡の瞬間のためにどんなマイナスなことがあろうとも人生は積み重ねていくものだ、ということを物語っているようだ。

 で、そんなクライマックスとは別に、映画は「フレディの悲劇」をしっかり描いている。それは「女性を愛せない」、「家庭を持てない」悲劇であり、それは時代性なのだが、スキャンダル、誹謗中傷のひどさ、それによって起こる「回りの人との軋轢」と「孤独」、さらにそれによる私生活の「暴走」……エイズの療法も含めて、30年以上経ったいまならもう少し楽に生きることができたのだろうか。いまならフレディはどんな作品を生んでいたのだろか……。いろんなことを想起してしまう、哀しい映画だった。(管理人)

20181112
伝説の20分間の映像を収録。アマゾンで調べたらなかなか手に入らないようだが必見!
この映画の別テイク(映画に使われなかったシーン)もふんだんにあるようで(たとえばこの20分間のシーンはフルに再現しているらしい)、たぶん、特典映像満載のブルーレイ化が愉しみでならない。
スポンサーサイト



[ 2018/11/12 11:51 ] 音楽 | TB(0) | CM(6)
この映画、評判いいですね。
管理人さんが普通に認めてるということは、ホントにリアルないい映画なんですね。
[ 2018/11/12 22:02 ] [ 編集 ]
いやぁ、いい映画です(笑)。絶対おススメなので公開中にぜひ一度見てみてくださいね!

史実とちょっと違うところがまた映画っぽくていいですよ。


[ 2018/11/12 23:52 ] [ 編集 ]
今日ようやく観ました!
いやあ、素晴らしかったです。
ライブエイドの映像は圧倒的でした。
フレディの俳優さん、ホントすごいね(^_^)
[ 2018/12/27 23:39 ] [ 編集 ]
素晴らしい!ですよね!
ブログにも書きましたが、ライブエイドのシーンは全曲撮影しているみたいなので、ブルーレイの特典映像とかが愉しみです。

あと、ライブエイドの実際の映像もぜひみてほしいです。たった20分でものすごい迫力。
今度DVD持って遊びに行きますね(笑)。
[ 2018/12/28 10:43 ] [ 編集 ]
ぜひぜひ、お願いします。(笑)

実は昨日、スマホのYoutubeで本物の映像を見ました。小さい画面でしたが迫力は伝わってきましたよ。

映画にはなかった「愛という名の欲望」と「ウィーウィルロックユー」が演奏されていて、これも見たかったなあと思ったんですが、撮影はされてるんだ・・
DVD出たら買っちゃいそうです。

あと、映画と比べて、本物のフレディは随分余裕がある風に見えたので調べたら、本当はあの前にワールドツアーとかやってたんですね。
「史実とちょっと違う」けど映画はあれでいいですよねえ。

もう一つ、ブライアン・メイ役の人が「本人か?」というくらいソックリだったのもすごかった。(笑)
[ 2018/12/28 13:03 ] [ 編集 ]
了解です(笑)。

そうですね、史実と違うのはその「時系列」で、ライブエイドの直前に(最後の)日本ツアーをやってます。
大学1年の春で、その名古屋でのライブにいけなかったのが一生の悔いとして残っています。→ライブエイドはその夏。

でもその時点では「バンドは解体」状態で、ライブエイドで復活したのは事実です。映画はあれでいいのですよ(笑)。

ブライアン役もそうでしたね! 目を見開く感じとか上目使いの感じが瓜二つ。
[ 2018/12/28 13:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索