絵日記 日日平安 「最強」の編集長
FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

「最強」の編集長

 連続ドラマ「チア☆ダン」の第1話をみたら某F県弁(わかりにくい。「フクイ弁」ということ)だらけでゲンナリ(笑)。元の映画も舞台はF県みたいなので仕方ないが、舞台もロケ地もF県(F駅前で踊るシーンがあった)で、なんとまあ、美化されている感じが気持ち悪いが、ドラマの内容は良かった。ので、続きも見ることにする。

 でも今回はドラマじゃなく、雑誌の話。雑誌とは「個人」のものとはよく言ったもので、「本の雑誌」(椎名誠)、「噂の真相」(岡留安則)など、編集長個人が個人の感覚でつくった世界が「雑誌」であり、究極の個人メディアである。もちろん、編集長が代替わりして雑誌が続くこともあるが、それはもちろん別物といっていい。

 そんな雑誌「競馬最強の法則」が今月号で「休刊」になる。正確にいえば雑誌は続くが、1991年に創刊した編集長と現編集部員はすべて去り、再来月からまったく新しい体制で発刊されるという。
 この雑誌はまさに編集長の天才ともいえる才能そのものの雑誌で、一時期その編集長が外れたときはまったくつまらないものになり、数年して編集長が戻ってきたときにはまたおもしろさが復活した。27年間、その人だけしかつくれなかったという、唯一無二、究極のパーソナル誌だったわけだ。

 僕自身、ある関係で個人的にこの人を知っている。昔から憧れだったある音楽雑誌の編集長も実際会ったときにそうだったが、才能のある編集者たちは相当変わっていて、でも必ず確固たる何かを持ち続けている。結局そういう編集者に僕はなれなかったが、15年くらい競馬の世界を愉しませてくれた編集長に感謝するばかりなのである。(管理人)

20180718
「最後の」サイキョー
スポンサーサイト
[ 2018/07/18 13:28 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索