絵日記 日日平安 20年以上未読の本を読む vol.5「コンバット」
FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

20年以上未読の本を読む vol.5「コンバット」

 これも数年前に再放送をしていたシリーズを30本ほどDVD録画したもの。ただ当時デッキの調子が悪く、読取不良で20本くらいしかみれなかった。
 某サイトのエピソードリストには152本とあるので、ほんの一部しかみてないことになる。

 「コンバット」といえば日曜の朝起きるとあのコンバットマーチがテレビから流れていた記憶が強烈なので、田舎町でも放送していたのだろう。だが内容をちゃんとみたことはなかった。ただ最初の「starring ヴィック・モロー!」というナレーションはインパクトがあり、モローは大スターだと思っていた。だが撮影中の大事故で遺作となった「トワイライト・ゾーン」第1話以外はみたことがなかった。

 そのヴィック・モローだが、「コンバット」は一世一代の当たり役だったのだろう。サンダース軍曹は非常に魅力がある。「トワイライト・ゾーン」が再起をかけた映画らしく、その若い死は残念だ。その「トワイライト・ゾーン」では、人種差別主義者のWASPの男を演じており、途中、異空間に入り、ユダヤ人や黒人に間違われて追われて……といったエピソードだった。
 映画はそこで終わっているのだが、本当はその後、改心したモローが戦場でベトナム人の子供を助けるというシーンがあったらしく、その助けるシーンの撮影中、ヘリコプターが墜落して子供もろとも亡くなった。当然そのシーンはなく、映画としても大変残念な結末になった。

 一応「コンバット」についても触れておく。第1話「ノルマンディーに上陸せよ」で上陸したアメリカ兵たちがヨーロッパ大陸で数多くの任務に就く。戦争に行ってない人間にはまったく想像できない「地上戦」がじつによくわかるドラマ。
 最後にみた第52話「人間の生命」というエピソードが秀逸で、ドイツ兵とアメリカ兵の中間で身動きが取れなくなったアメリカ兵を巡る駆け引き、その人間を犠牲を払って救うべきかというジレンマ、さらに緊張感あふれる生と死を巡る争い、それに意味があるのかバカバカしくなってしまうなんだか普通の風景など、見どころ満載。

 といった名作ドラマである。(管理人)

20180420
ネットで拾った「トワイライトゾーン」事故の直前のカット。このあとヘリコプターが墜落するというショッキングな動画
スポンサーサイト
[ 2018/04/20 15:36 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索