絵日記 日日平安 20年以上未読の本を読む vol.4「薔薇の名前」
FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

20年以上未読の本を読む vol.4「薔薇の名前」

 桜花賞はまあ、ひどかった(笑)。リアル持ち馬の出走はよかったのだが、終始どん詰まりでほとんど全力で走ってない。ひどい騎乗というのはしょっちゅうだが、G1でこれは……。
 ショックで浅草で、競馬仲間ベイブYとゴロ八と三人でハイボール、電気ブラン、げんこつラーメンと暴飲暴食ですっかり沈んでしまった週末。

 思えば、昨年リアルオーナーを始めた社長Tさんの持ち馬アーモンドアイが桜花賞を戴冠。うーん。この違いはいったい何か。同じクラブに入ってるのに……。
 「持ってる」「持ってない」の違いなのか、人生や仕事に対する「ギリギリ感」が自分には足りないからか。かなり悩む。

 で、ようやく本の話(笑)。ウンベルト・エーコ著『薔薇の名前』

 日本語の初版が1990年。ショーン・コネリーの映画の日本公開が1987年だから、原作がだいぶあとということか。

 映画は公開時にみており、原作は古本で1992年頃買った記憶があるので、まさに26年ぶりに読破した、というわけだ。

 感想は特にない。それはつまらなかったということじゃなく、感想をいえるような本ではないということで、デカルトによって、閉ざされた「キリスト教哲学」が完全に打破されるまでの、「暗黒の中世」文学ということか。

 とまあ、あまりにざっくり数百年くらいをバッサリ書いてしまったが、そんな中世宗教観が素晴らしくわかる本である。(管理人)
20180410
スポンサーサイト
[ 2018/04/10 12:47 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索