絵日記 日日平安 ビデオテープと2001年
FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

ビデオテープと2001年

 どうしてもみたい古いドラマがあって、DVD-BOXを探してみたが在庫がない。っていうか、中古品だと5万円近くのプレミアがついている。うーん。

 と考えてみたが、ふと「ビデオテープに録ってある」ことに気づいて、何年かぶりにビデオを動かした。

 最初は「3倍速」のあまりの画像の粗さ、悪さにショックだったが、電池液漏れのリモコンが復活するころにはそういうのにも慣れて、なぜかリモコンの使い方も指先が覚えている、みたいな不思議な感覚。

 そんな中、昨日は2001年のドラマ「ムコ殿」を夜中までみてしまった。 主演・長瀬智也、竹内結子の17年前のドラマで、子役の神木隆之介が小っちゃい(笑・8歳だから当たり前か)。

 ともかく名作中の名作ドラマで、第1話からみようとするも、その1話が入ったテープにはなぜか「きらきらひかる」のラスト3話くらいが入っていて、それもみてしまう。「きらきらひかる」といえば深津絵里主演の監察医の物語で、石原さとみが今シーズンやってる「アンナチュラル」はオマージュというかそのまま「同ネタ」だろう。

 その「きらきらひかる」には阪神大震災で行方不明になった鈴木京香の妹・篠原涼子の話がある。鈴木京香が篠原涼子のものだと思っていた「遺体の歯」からストロンチウムが検出されて、それはじつは篠原涼子の娘の歯で、彼女が東欧にいたころチェルノブイリの爆発で胎児被ばくしていて……なんて話で、どうしても阪神大震災は東日本大震災チェルノブイリは福島に結びついてしまう。1998年のドラマでこれも深津絵里が若い。

 「きらきらひかる」にも「ムコ殿」にも篠原涼子が脇役で出ていて、その篠原涼子が17年後には「民衆の敵」というマックイーン映画と同タイトルのドラマの主演をしている、という長くて短い17年間という時間について想起しているあいだに「ムコ殿」のことを書く時間がなくなった。つづく。(管理人)
スポンサーサイト
[ 2018/03/01 16:41 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索