絵日記 日日平安 きみの心がわかる
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

きみの心がわかる

 『幸せな裏方』に続き、藤井青銅の本を立て続けに読んだ。

『ラジオにもほどがある』
『ラジオな日々』

 いややっぱりラジオの人は尖っている。放送作家以外の仕事をこれだけしているのはこの人だけかもしれないが、「尖ったラジオの企画」→「かなり毒気をそぎ落とされてテレビの企画」になってヒットするというのはよくあるパターンらしい。いまならラジオがインターネットに替わっているというが、インターネットは尖ってるのか?(笑)

 今回は、数あるプロデュースの中でも、オードリーでも伊集院光でもなく、いっこく堂の話。これが一番尖っている。いっこく堂の技術の高さを単なる「浅草芸」でなく、芝居に仕立て「ボイスイリュージョン」と名づける。いきなりラスベガスで「世界腹話術師フェスティバル」に出演、伝説の腹話術師と共演……。そのときのドキュメント「いっこく堂の挑戦」はDVDになっているので思わず買ってしまった。

 ということでやっぱりいまだにラジオマンは熱い!(管理人)

20170607
昔買ったいっこく堂のCD
「傷だらけの私鉄沿線」は作詞:高田文夫、作曲:馬飼野康二。野口五郎「私鉄沿線」のパロディ(笑)
カップリング「きみの心がわかる」は、作詞:藤井青銅、作曲:高橋ひろ。こっちを目的に購入。
スポンサーサイト



[ 2017/06/07 12:28 ] ラジオ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索