絵日記 日日平安 『後藤の語!』後藤浩輝
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

『後藤の語!』後藤浩輝

 昨年亡くなった後藤騎手の雑誌連載がようやく本になった。

 2010年1月から2014年3月という期間で、この期間というのがあまりにも重い。2010年1月の史上最悪の落馬事故(9頭落馬)からはじまり、NHKマイルカップの落馬(シゲルスダチ)での頚椎骨折、その後復帰初日の落馬(さらに頚椎骨折)、そこからの復帰……。

 2014年3月で終わっているのは、4月にまた決定的な落馬(ジャングルハヤテ、再び頚椎骨折)をしたからで、これ以降の言葉はもうない(この3回目の骨折から再び復帰したが、その後落馬し、自死を選ぶ)。

 だからこの本に載っている言葉はすべてが重く、まるで長い長い遺書のようだ。いつもいつも苦痛(落馬負傷の痛みだけでなく)と闘って人の期待に応えようとする姿や言葉それぞれがすべて「痛い」。読んでいるあいだじゅう緊張してしまう。

 特に2度目の頚椎骨折からの復帰直前の文章、すべての人に「ごめんなさい」と「ありがとう」を綴る箇所は真面目に涙なしでは読めなかった。

 この本の冒頭、9頭落馬事故のあと、内田騎手たちとの会話が記されている。

 みんなで話すうち、「本当に誰も死ななくてよかったね」「うん、それだけだね」なんて話になった。自分ひとりのためなら死ねる。でも、守らなければいけない「何か」があると「死んじゃいけない。死にたくない」と思う。


  「自分ひとりのためなら死ねる」――彼が最後に選んだのは、ようやく「自分ひとり」のため、だった。重い重い肩の荷を下ろしたのだと思う。(管理人)

gotogo
スポンサーサイト



[ 2016/07/29 12:28 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索