絵日記 日日平安 東北記2016 Vol.5 –石積みを照らす光-
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

東北記2016 Vol.5 –石積みを照らす光-

 付け焼刃の知識だが、「賽の河原」とは幼くして亡くなった子供たちが親に会いたい一心で、小石を積み上げて供養の塔をつくろうとする場所らしい。

 青森・恐山の石積みが有名だが、東北地方にはそのような民衆の歴史があるのだと思う。

 70余名の子供が犠牲になった大川小学校には、あちこち不規則な方向に石積みがあり、その不規則さがまた「向こうへ続く道」「向こうからこちらに続く道」を感じさせた。

 またその不規則さが、たくさんの亡くなった子供たちの「願い」、子供らしく気まぐれにあちこちに築いていく「想い」みたいなものを感じさせた。

 ここでは「太陽光発電」はたぶん、「新エネルギー利権」を貪るエゴと利欲の塊である「環境運動家」にはまったく理解できないくらいのほのかな光を夜中に照らすだけの、ただそれだけの本当に世界を照らすものになっているのだろう。

 ただ、校舎と石積みと、その先の「子供たち」の道を照らすだけの、そんな光である。(管理人)

2016fukushima14
子供たちが描いた壁画

2016fukushima15
子供でも避難できたはずの裏山

2016fukushima16 2016fukushimaa28 2016fukushima27
誰が積んだのか。あちこちにある石積み、石の道

2016fukushima29
電気のない場所に光をもたらす太陽光パネル
スポンサーサイト



[ 2016/04/27 23:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索