絵日記 日日平安 デスノート男
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

デスノート男

 ドラマ「デスノート」をみた。途中までみて、これは「ミサミサ=戸田恵梨香」版をみなけりゃと思い映画版のDVDを購入。今度「ミサミサ=佐野ひなこ」版との比較を書く予定。戸田恵梨香と佐野ひなこは顔がそっくりであり、でもスタイルが正反対、という非常におもしろいギャップである。

 で、僕が会社で干されている話は再三ここで書いているが、干される前の僕は「デスノート男」だった。

 というのは、会社が辞めさせたがっているどうしようもない人間を、なぜか僕が管理している職場に押しつけるのである。すると彼ら(彼女ら)は必ず1年以内に自ら辞めていく……。

 会社も調子に乗ってどんどんひどいのを押しつけてくる(笑)。これ以上ひどい人材がいるのか!と思っていると翌年はそれ以上にひどいのが来る。

 どうして彼ら(彼女ら)が1年と持たないのか。別に僕が「パワハラ」とか「圧をかけている」わけじゃないのだが、なぜか辞めていくので「デスノート男」と相成ったわけである。

 そして最後に来たのは「どうしようもない上司(役員)」。この男とは1年半散々闘って、結局この5月、僕は干されることになった。ところが翌月、この役員は辞職した(笑)。1年半のあいだに僕がかけつづけた「言葉のプレッシャー」につぶされたのだと思う。

 というか、この役員が「(ある意味)辞めさせられた」のは僕という小さな道具(ツール)を利用した歴史の必然性、「理性の狡智」なのだろう。

 「デスノート男」健在、というわけで、上も下も関係なく、どうしようもないヤツには必ずプレッシャーをかけて辞めさせる。それがいまの会社での僕の「歴史的」役割なのかもしれない。(管理人)
スポンサーサイト



[ 2015/09/28 00:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索