絵日記 日日平安 藪原検校
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

藪原検校

 地元から親族(甥)が遊びに来ていて先週から出ずっぱり。まったくの無更新だった。

 その間、こまつ座・井上ひさしの芝居「藪原検校」をみた。

 生まれついての盲人が次々と人を殺してのし上がっていくという「悪人物語」だが、最初から「ビハインド」でどうしてものし上がれないのは世の中のほとんどの人間みな共通であり、それは自分も同じだ。「のし上がる」ために何に手を染めるか。それは「殺人」でも「バクチ」でも「株式投資」でもメンタリティはほとんど変わらない。地方から都会へ、被差別民から差別する側へ、どのようにしたら移動できるのか。

 だからこそこの芝居の主人公は「自分」である。露悪的というか、あくまで俗人、悪を突き詰めて「上に上に」だけを考えていく(でも実現できない)姿はやはり僕自身であり、でもそれは「ピケティ」的負け犬ではない、どこか、きちんと共感できる「負け犬」なのである。(管理人)
スポンサーサイト



[ 2015/03/24 22:01 ] 演劇 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索