絵日記 日日平安 2014年04月
FC2ブログ
2014 031234567891011121314151617181920212223242526272829302014 05

『原発ゼロで日本経済は再生する』吉原毅

 「原発撤廃」の表明とその活動で有名な城南信用金庫理事長の書。

 震災での原発事故以来、膨大な本が出版されたが1冊も買っていなかった。どの情報も1987年辺りに読んだ本の焼き直しでしかなく、というか、その頃に予告されていたことが現実に起こっただけであり、「原発はトイレのないマンション」なんて25年前からあった表現。四半世紀にわたって原発の存在は深く静かに(その間も多くの事故を起こしながら)隠蔽されてきたのである。

 だが、この国のどうしようもない「金融界」の人が原発反対に立っていると聞いてまず驚き、ようやくこの本を手にとった。かなり衝撃的だった。

 というのは、「社会貢献」からはじまった信用金庫は、根本的に「金儲け」が目的である銀行とはまったく異なるということを初めて知ったからだ。銀行は基本的には大きな儲けが出る大企業にしかカネを貸さないし、儲かるとなれば消費者金融にも平気に手を出す。だが、信用金庫は、一に公益、二に公益、社会に貢献するために中小企業をサポートし、消費者金融には手を出さない。城南信用金庫ならではの部分も多くあるかもしれないが、基本的にはそのような歴史から発している。(ふと「素晴らしき哉、人生!」という映画の銀行(正確にいえば建築貸付組合)を思い出したが、たぶんあの銀行は信用金庫に近い「協同組合」だったのだろう)

 だからこそ、信用金庫をあげて「原発撤廃」への運動に取り組むことができる。こういう視点は87年の頃の反原発運動にはまったくなかった。そこが新しく、また「必然的」である。必読。(管理人)
スポンサーサイト



[ 2014/04/30 22:00 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索