絵日記 日日平安 2009年03月
FC2ブログ
2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04
月別アーカイブ  [ 2009年03月 ] 

図書館を利用する -好日読書 vol.47-

 最近お金がありません。

 私の場合、書籍購入にあてているお金が圧倒的に多いのです。週一~ニ回書店に行き、毎回かなりの量を購入。やはりこれを切り詰めなくてはなりません。

 ということで図書館に行きました。
 私は埼玉県の川越市に住んでいますが、家から自転車で5分のところに「市立中央図書館」があります。当地に越して5年。先日、はじめてじっくりと見学させていただきました。

 館内は清潔で書籍も雑誌も読書スペースもなかなか充実。
 何より驚いたのは、蔵書の検索がものすごく便利なことです。館内はもとより、自宅からもインターネットで検索が可能。キーワードを入れると、関係した本が一覧されます。どこの図書館にあるか(川越市には「中央図書館」のほかに3つの館があります)、貸出中かどうか、貸出中なら予約待ちの人数までわかります。中央図書館になくても別の館にあれば取りよせ可能。よその市(大宮や所沢?)からも借りられるらしい。
 ためしに「好日読書 2008年のベスト10」でとりあげた本13冊を調べてみると・・(3/17の状況です)

◎あり。すぐに借りられる
『イニシエーション・ラブ』『電車の運転』『大相撲の経済学』(ただし親本)
『日本の統治構造』
○あるが貸出中。カッコ内は予約待ちの人数
『風花』(54)『ザ・ロード』(3)『できそこないの男たち』(14)
△旧訳ならあり
『カリギュラ』
×なし
『日本流行歌変遷史』『歌謡曲名曲名盤ガイド1960s』『大暴落1929』
『古代の朱』『親方はつらいよ』

 と、13冊中8冊はあり。約6割はあるのです。
 最近とりあげた本では『ハチはなぜ大量死したのか』は○。『読んでいない本について堂々と語る方法』『服従の心理』は×。(ただし『読んでいない・・』の著者の旧著『アクロイドを殺したのはだれか』は◎。アイヒマン実験の詳細な解説書『服従実験とは何だったのか』も◎です。『服従実験・・』5200円もするので買わなかったのですが、買わなくて正解でした)

 この比率から判断して、私が今持っている(たぶん数千冊の)本のうち、少なくとも半分以上は川越の図書館にある、と考えてよさそうです。定番の名作や最新話題作はまずある、むしろ、ダメ本やマイナー本ほど自分で買わないといけない、ということかもしれません。
 持っている本の95%は2回以上読むことはなく、読んでもすぐに忘れてしまうわけで、これだけの金と場所を本の所有に費やす必要はそもそもなかったのではないか、そんなことをしみじみと考えてしまいました。

 こうなると気になるのが図書館の選書基準、すなわちどういう本を何を目安に購入しているか、ということです。
 基本的には人文書(特に小説)に強く、社会科学書(経済書など)に弱い、という印象ですが、まあ何とも言えません。
 朝日新聞の書評に出た本は買う、などと当たりをつけて調べてみましたがそういうわけでもないようです。
 実は今『贈与論』と『日本経済成長論』という本を買おうか迷っており、いずれも出たばかりの本で図書館にはまだないのですが、待っていれば買ってくれそうな気もするのです。
 リクエストもできるのですが、それほど税金も払ってないし・・今しばらく検討したいと思います。

 せっかくなので「貸出カード」を作って、本を2冊借りました。
 葛野浩昭『サンタクロースの大旅行』(岩波新書)とジェイムズ・L・スワンソン『マンハント』(早川書房)。
 『サンタ・・』はタイトルどおりサンタクロースのウンチク本。昔買って読んだはずなのですが、昨年読み返そうと思ったら手元になく、買いなおすのもシャクなのでそのままにしていました。再読したところ、買いなおさなくてよかった、という内容でした。
 『マンハント』はリンカーン暗殺を描いたドキュメント。オバマ大統領就任の時に何かで紹介されていたのですが、2500円もするので買わないでいました。こちらはなかなか面白いのですが、まだ半分くらいしか読んでいません。あと3日で返さなくてはいけないので読みきれないかもしれません。

 この他、映画会もひんぱんに催されていて、子供向きだけではなく大人向きの上映会もあります。3月は「石の花」というよくわからないソ連映画なのですが、時間が取れたら行ってみようと思います。

 こんなことを書いていると不景気を加速しそうな気がしてきました。定額給付金をもらったらすばやく使いたいと思います。(読書一郎)

スポンサーサイト
[ 2009/03/18 09:08 ] 好日読書 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索