絵日記 日日平安 ラジオ
FC2ブログ
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10

きみの心がわかる

 『幸せな裏方』に続き、藤井青銅の本を立て続けに読んだ。

『ラジオにもほどがある』
『ラジオな日々』

 いややっぱりラジオの人は尖っている。放送作家以外の仕事をこれだけしているのはこの人だけかもしれないが、「尖ったラジオの企画」→「かなり毒気をそぎ落とされてテレビの企画」になってヒットするというのはよくあるパターンらしい。いまならラジオがインターネットに替わっているというが、インターネットは尖ってるのか?(笑)

 今回は、数あるプロデュースの中でも、オードリーでも伊集院光でもなく、いっこく堂の話。これが一番尖っている。いっこく堂の技術の高さを単なる「浅草芸」でなく、芝居に仕立て「ボイスイリュージョン」と名づける。いきなりラスベガスで「世界腹話術師フェスティバル」に出演、伝説の腹話術師と共演……。そのときのドキュメント「いっこく堂の挑戦」はDVDになっているので思わず買ってしまった。

 ということでやっぱりいまだにラジオマンは熱い!(管理人)

20170607
昔買ったいっこく堂のCD
「傷だらけの私鉄沿線」は作詞:高田文夫、作曲:馬飼野康二。野口五郎「私鉄沿線」のパロディ(笑)
カップリング「きみの心がわかる」は、作詞:藤井青銅、作曲:高橋ひろ。こっちを目的に購入。
スポンサーサイト



[ 2017/06/07 12:28 ] ラジオ | TB(0) | CM(0)

「イルカのミュージックハーモニー」(ニッポン放送・日7時~)

 イルカ45周年コンサートの放送をきっかけに聴くようになったのだが、これがなかなかいい。この世代(団塊の世代)のミュージシャンたちの曲がけっこうマイナーなものまで流れる日曜の朝、といった感じで非常に親しみやすい。この番組そのものも25周年だという。

 ちなみに曲のリスト(公式サイトより)。

5月7日オンエア
1 海岸通/イルカ
2 旅でもしようか/大塚博堂
3 山のロープウェイ/ふきのとう
4 空よ/トワ・エ・モワ
5 俺たちの朝/松崎しげる
6 コイシイヒト/松たか子
7 緑の町に舞い降りて/松任谷由実
8 それが大事/大事MANブラザーズバンド
9 自転車にのって/高田渡
10 LOVE LOVE LOVE/ドリームズ・カム・トゥルー
11 スローバラード/RCサクセション

4月30日オンエア
1 八十八夜/NSP
2 僕等の時代/オフコース
3 時の子守唄/イルカ
4 今日までそして明日から/吉田拓郎
5 ぼくたちの失敗/森田童子
6 こもれ陽/かぐや姫
7 想い出がいっぱい/H2O
8 ハナミズキ/一青窈
9 さくらんぼ/大塚愛
10 野風増/河島英五

 うーん。渋い! っていうか、知らない曲もたくさん。ついでに4月23日の小田和正、オフコース特集。

1 ラブストーリーは突然に/小田和正
2 愛を止めないで/オフコース
3 秋の気配/オフコース
4 思い出を盗んで/オフコース
5 サラダの国から来た娘(ライブ音源)/イルカ・小田和正
6 たしかなこと/小田和正
7 時に愛は/オフコース
8 キラキラ/小田和正
9 さよなら/オフコース

 イルカはまさに時代の生き証人なので、合間のトークが非常にリアルで、そのスパイスがまた良い。ちなみにイルカなら「海岸通」が大好きだったことを思い出したので、今度新橋の「落陽」に行ったらこれを歌いたい(笑)。(管理人)
[ 2017/05/18 12:16 ] ラジオ | TB(0) | CM(0)

ワイドFM元旦

 今日の13時から「ワイドFM」(AM局のFM放送)の放送開始ということで、AMの「文化放送」「ニッポン放送」「TBSラジオ」3局で合同特別番組をやっていた。インターネットラジオ「radiko」の登場も「すごいこと」なのだが、放送はこれからどこに行くか、地域ローカルがどうなるのか等々、いろんなビジョンを描けるのだろうが、今日の特別番組を聴いていてもラジオから感じるのはやっぱりその「ローカル性」「パーソナル性」である。

 だいぶ前は日本中の放送がすべてMTVみたい(=すべてが英語圏インターナショナルに)になってしまうのではないかと恐れを感じていたこともあったが、ラジオというメディアのパーソナル性はどこまでも強く、結局人間はパーソナル、ローカルな存在だということだろう。

 で、特別番組のFMをラジオサーバーで録音しようとしたら、90.0MHz以上の周波数がない!(笑)ワイドFM対応でなかったというわけである。
 しかたがないのでAMで3時間ほど番組を聴いた。ラジオ、素晴らしいメディアである。(管理人)
[ 2015/12/07 22:49 ] ラジオ | TB(0) | CM(2)

ラジオデイズ 2015・秋

 春までNHK FMでやっていた「元春レイディオショー」が秋からTBSラジオに帰ってきた。半年間限定。
 ということでひさびさラジオについて。いま聴いているのはこんな感じ。

【リアルタイム】
月~金 5~7時 文化放送 おはよう寺ちゃん 活動中
月~金 7~9時 文化放送 福井謙二 グッモニ 

【ラジオサーバーで録音】
月 24~25時 NACK5   根本要 NACK de ROCK
火 21~22時 TBSラジオ 佐野元春 元春レイディオショー
金  9~10時 文化放送  くにまるジャパン(金曜レギュラー:佐藤優 or えのきどいちろう のみ)
金 21~23時 NACK5   坂崎幸之助 K's TRANSMISSION
土 18~19時 NHK FM  岡田恵和 今宵、ロックバーで ~ドラマな人々の音楽談議~

【不定期】
甲斐よしひろのセイ!ヤング21
日 13~17時 TBSラジオ 爆笑問題の日曜サンデー

【ポッドキャスト】
月 13時~ 文化放送  大竹まことゴールデンラジオ(月曜レギュラー:森永卓郎のみ)
火 25時~ TBSラジオ JUNK 爆笑問題カーボーイ
不定期 文化放送 スナック加奈

【眠れない夜】
ラジオ深夜便
   
 とまあこんな感じ。まだまだ探せばあるのだろうが、キリがない。

 おかげでテレビをみる時間はないが、連続ドラマの初回と、初回が気に入ったドラマの続きはみている。ちなみに秋ドラマは「無痛~診える眼~」がいまのところ一番。

 先月まで「あまちゃん」「まれ」「若大将のゆうゆう散歩」(先月で終了)も毎日みていて、それは大変だった。
 まったく関係ないが、「ゆうゆう散歩」の流れで録画されていた朝のバラエティ番組をたまにみていたのだが、「街を歩く女性をプロのスタイリストが変身させる」という企画で、スタイリストが変身させた女性のファッションがことごとくダサくなった(つまりは普段の女性のファッションのほうがよかった)のはこの秋一番の大笑いだった。この映像だけは永久保存版である(笑)。ラジオの話ではないが。(管理人)
[ 2015/10/15 22:47 ] ラジオ | TB(0) | CM(0)

加山雄三という「怪物」

 というわけで、NHK FM「今日は一日“加山雄三”三昧」という9時間番組をラジオサーバーで全部聴いた。

 加山雄三といえば、アルバム10枚くらい、ベスト盤3枚、全シングルAB面集を持っていて「だいたい押さえている」つもりでいたが、出てくる出てくる「未聴音源」。まだまだ不勉強だ。あと20枚くらいアルバムを買わなければ……。
 それ以上に「発掘」「お宝」音源もすごかった。当時の星由里子と加山雄三の掛け合いから始まる洋楽カバーの音源なんて涙モノではないだろうか。
 しかもゲストが「澄ちゃん」星 由里子と「若大将の妹」中 真千子。「澄ちゃん」の映画のキャラクターやその立ち位置(学生あまちゃんの加山に対する、「仕事に就いている」OLである星由里子)はある意味、いまだに理想の女性である。

 で、その加山はデビュー55年、今年で最後のコンサートツアー、そして80歳になったらエコ船で世界一周……すべての年代の「希望」(つまりは死や加齢に対抗する意味での)というしかないこの「スター」を世の中はどれくらい評価しているのだろうか。たぶん、ほとんど「ちゃんとした」評価はされていいない。
 思えば僕も60歳記念のトリビュートアルバム辺りでハマったはずだから、それからでも18年加山雄三を追いかけている。が、まだまだヒヨッ子ということだ(笑)。

 戦後が70年で加山雄三は1960年デビューの55年。「もはや戦後ではない」1956年直後のデビューはまさに戦後の払拭、新しい日本の象徴的存在となり、映画も歌も大ヒット、日本人の「夢」をつくった。1937年生まれで「戦争を知っている子供」のはずなのに戦争をまったく感じさせない能天気さ。当時「特攻」を売りにした鶴田浩二(実は特攻には行ってない)なんかとまったく正反対の「新しい文化」だった。

 とことん突き抜けた55年とこれからの10年。果たして加山雄三はどこまでいくのか。すべての日本人を手玉に取っているようなこのすごすぎる人物へのどうしようもない憧憬がまた甦ったのであった。(管理人)
[ 2015/08/17 23:15 ] ラジオ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索