絵日記 日日平安 ドラマ
FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

夏ドラマ2019(後編)

「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」(水25時35分)大原櫻子、矢本悠馬
 珍しい、原作なし、オリジナル。あんまりおもしろくないが、深夜ドラマはどこかで化けるかもしれないので見続ける予定。

「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(木21時)大森南朋、松雪泰子
 韓国ドラマ原作。そういえばこっちも法医学者もの。「監察医」とどう違うのか調べようと思ったがめんどくさい(笑)。やはり韓国ドラマは元気なのでグイグイいく。

「凪のお暇」(金22時)黒木華、髙橋一生
 漫画原作。多いな、漫画。お金のあるところに才能が集まるのはまあ、昔からだが。
 髙橋一生が「悪役」でよかったのに、1話の最後に実は……という展開があってガックリ。だが、連ドラにするにはああしたほうがいいのかも。今シーズン四押し

「Iターン」(金24時12分)ムロツヨシ、古田新太
 小説原作。これも深夜ドラマで役者はすごいのだが、いまいちおもしろくない。主人公が左遷された広告代理店がヤクザに脅されるのだが、脅されるネタが「印刷確認ミス」。印刷所がわざとミスる。うーん、業者さんは大事にしないとな。

「ボイス 110緊急指令室」(土22時)唐沢寿明、真木よう子
 韓国ドラマ原作。うーん、多いなぁ、韓国ドラマ。っていうか、オリジナルが少なすぎ。
 でもこのドラマは今シーズン二押し。唐沢寿明が若い。強い。こういう単純なキャラが効いている。

「ノーサイド・ゲーム」(日21時)大泉洋、松たか子
 池井戸潤原作もの。こうなってしまうと池井戸ものは一ジャンルである。東京新聞に書いてあったが、特筆ものは「ズケズケものをいう妻・松たか子」のセリフ。夫・大泉洋に放つ言葉が辛辣で冷たいのだが、裏がありそうな辛辣さで、こういうキャラは凄い。今シーズン三押しかな。松たか子のおかげで。(管理人)
スポンサーサイト



[ 2019/07/25 15:37 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

夏ドラマ2019(前編)

 梅雨が明けないのに7月が終わってしまう。以前は海の日、20日前後に房総に行っていたわけだから、かなり冷夏が続いているといえる。

 で、1か月経ったので夏ドラマの話。

「監察医 朝顔」(月21時)上野樹里、時任三郎
 漫画原作。非常に普通の話なのだが、今週は放火殺人を扱った回ということで休止に。なんとまあすごいタイミングである。
 監察医ものも、古くは「きらきらひかる」、最近では「アンナチュラル」など多数製作されているので「安全パイ」なのか、ネタ切れなのかわからないが、テレビのエンタメはこれくらいでいいとも思う。

「TWO WEEKS」(火21時)三浦春馬
 韓国ドラマ原作「逃亡者」が元ネタだろうが、オマージュでもパクリでも韓国ドラマはどんどんやってくれる(笑)ので、こちらもおもしろくなるだろう。期待。

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(火22時)石原さとみ、福士蒼汰
 漫画原作。昨日3話終了で、これが今シーズン一押し
 石原さとみの役がぶっ飛んでいて、脇役が固めてあり、脚本がいいという三拍子で、安定したエピソードものでおもしろい。

「偽装不倫」(水22時)杏、宮沢氷魚
 漫画原作。ラジオで「突っ込みどころ満載」と評判だったが、が石原さとみ同様、コメディエンヌとして素晴らしいので気にならない。ラジオでは「福岡旅行を博多旅行っていうか!」とも突っ込んでいたが、博多旅行でよくないか。そんな僕も今年も夏休みは博多に行く予定(?)。

 残りは後編で。

 ちなみに「いだてん」の阿部サダヲ(田畑政治)編が素晴らしい。視聴率が云々いわれているが、阿部サダヲだとクドカン節も全開で「遠慮」がなくなるのだろうか。

 「なつぞら」もなかなかリアルなアニメ現場状況を伝えていておもしろいが、そうなる(ストーリーがプロに近づいていく)と「一般視聴者」は普通離れていく。どうなのだろうか。(管理人・この項つづく)
[ 2019/07/24 11:42 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

春ドラマ2019 最終回

 仕事で久しぶりに神保町にいくと、あの「時間の止まってる感じ」とか、「出版人独特の匂い」とか、「何かを猶予されている感じ」とかがまったく変わっておらず、なんだか戸惑ってしまう。5年間勤めていたときの「無力感」までもが同時に押し寄せて、非常に「嫌気がさす」街なのである。

 当時良く行った「さぼうる」「ミロンガ」など、あらゆる近くの喫茶店にはどこも「挫折」を感じるので行きたくないなぁ……という気分である。

 だから足が遠のいているわけじゃなく、単純に便が悪い(同じ「神田」なのに良い電車がなく、歩くと20分かかかる)だけなのだが、ともかく昨日は仕事のあとにあのテレビ、映画のロケで有名な「酔の助」と知り合いのバーをハシゴした。相変わらず時間が止まっていた。

 で、小出しにしていた「春ドラマネタ」の残りを一気に紹介。


「スパイラル~町工場の奇跡~」(月22時)
 玉木宏

「集団左遷」(日21時)
 福山雅治

 どちらも、痛めつけられた人が最後に勝って快哉を叫ぶという「池井戸潤」風の話で愉しめるが、特に「集団左遷」みたいな上からのハラスメントの話は僕みたいな被害者にしてみれば結構リアルすぎてウンザリであんまり見てられない。人の悪意のない世界に行きたい(笑)。


「やすらぎの刻~道」(月~金12時30分)
 石坂浩二

「なつぞら」(月~土7時30分)
 広瀬すず

 どちらも毎日やっているので流しでみている。「やすらぎの刻」は「やすらぎの郷」の続編で、まあ、次々と出てくる俳優が相変わらず凄すぎ。昭和から平成の「架空の世界」「作り話の世界」をつくって、良くも悪くも普通の人たちの精神的な支えや邪魔になった「テレビ」の中の「フィクション」そのものへの賛辞のドラマであり、やっぱり毎日みてしまう。


「俺のスカート、どこ行った?」(土22時)
 古田新太

「頭に来てもアホとは戦うな!」(月25時)

「電影少女2019」(木25時)
 山下美月

 「俺のスカート……」は「GTO」のオカマ版で普通におもしろい。もっと飛んでいくと思っていたが、回を重ねるごとにだんだん常識的になっていってるのが残念だがテレビの限界か。

 「頭に来てもアホとは戦うな!」はまさにいまの僕のことで、次から次へと出てくる社会の「アホ」をどうやり過ごすか、やり過ごすことの大切さをドラマは描く。

 「電影少女2019」は西野七瀬のバージョンよりおもしろい。


「向かいのバズる家族」(木24時)
 内田理央

「あなたの番です」(日22時)
 原田知世、田中圭

 この2本は1~2話でみるのをやめた。

 というわけで、春ドラマで一押しは「インハンド」「きのう何食べた?」「わたし、定時で帰ります。」(管理人)
[ 2019/05/15 16:41 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

朝からブログ書いてます。

「わたし、定時で帰ります。」(火22時)
 吉高由里子

 このドラマがはじまったとき、仕事仲間の人が「〇〇さんのことや!」(僕の名前)と、初回から録画してみているといわれた(笑)が、別に僕は「定時に帰る」ことを目標にしているのではなく、「定時まで仕事がもたない」だけである(笑)。

 と簡単に書いたが、これは非常に難しい問題で、昨日書いた「長期休暇」の問題にもつながる。

 仕事が「できる」「できない」「早い」「遅い」というのはまったく主観的な問題で、これはもう、本人の「時間感覚」でしかない。あくびをしながらダラダラ数時間メールばかり打ったり会議ばかりしている人と、「ムダな情報伝達一切不要!」と会社で一言も口をきかない、社内メールをしない僕とではまず3時間くらい労働時間が異なる(当然、僕のほうが3時間余分に作業をしている)。それ以外のことも考えるとその差は際限なくなる……。

 そんな中、「会社から与えられるリソース(人員、金額)」と「会社から与えられたノルマ」のバランスのでたらめさが加わると、他人の労働の質、中身とはまさに誰もわからないアンタッチャブルな世界になる。

 だから、「定時まで仕事がない」僕が「満足な仕事を与えられないで干されている(笑)」のか、「他の人の3倍のスピードで仕事をこなしている」のかをこの世で判断できる人はたぶん誰一人存在しない。

 というわけで、「わたし、今日も定時まで仕事がもたないので、朝からブログ書いてます!」(爆)(管理人)

20190508a
「輝ける日々」(DVD)
GW前後に再見したクイーンのドキュメンタリー。名作。映画「ボヘミアン・ラプソディ」でもあったが、「フレディがああなってしまった時期」が鮮明にわかるブライアンの証言が貴重。

20190508b
「クイーン フレディ・マーキュリー神話 華麗なる生涯」(DVD)
こちらも再見。フレディにフォーカスしたドキュメンタリーで、こちらのほうが生々しい。フレディの最後の恋人ジム・ハットンの証言、モンセラート・カバリエのインタビューも重要。
[ 2019/05/08 11:21 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)

春ドラマ2019 vol.2

「きのう何食べた?」(金24時12分)
 西島秀俊、内野聖陽

「東京独身男子」(土23時15分)
 高橋一生、斎藤工、滝藤賢一

 「独身」=「いい男」(同性愛を含む)を揃えたようなドラマだが(笑)、まあどちらのドラマも年齢的にも情況的にもじつに近いのでおもしろくみれる。どちらとも今期オススメ。

 ドラマも23時以降になるとスポンサーのしがらみとか視聴者層の問題とかが緩くなるので自由につくれるのだろう。冬ドラマも「日本ボロ宿紀行」とか「フルーツ宅配便」とかが味が合ってよかった。
 なので、23時台から22時へ移った「激レアさん」が心配だ(笑)。(管理人)
[ 2019/04/25 14:51 ] ドラマ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索