絵日記 日日平安 競馬
FC2ブログ
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

今夏の少年

 土曜はノルマンディの持ち馬ゴールドパラディンが勝利!

 3歳未勝利戦の最終週の勝利くらい馬主にとって嬉しいことはない。

 しかも、現3歳(2017年生まれ)の持ち馬11頭がすべて勝ち上がり(地方勝ち1頭を含む)!
 現3歳11頭で、JRA14勝、地方2勝!

 という馬主にとって最高の週末だったが、馬券はいまひとつ(笑)。

 ゴールドパラディンは、ノルマンディ初出資、初勝利のシュヴァリエ(2011年生まれ)の息子

 母は2歳夏に6戦して初勝利だったが、息子はなんと3歳、12戦目初勝利という遅咲き具合。

 当時は母を「今夏の少女」と書いたが、今回は息子に「今夏の少年」の名前をあげよう。(管理人)

シュヴァリエ初勝利当時のブログ↓
http://ci5.blog20.fc2.com/blog-entry-1201.html

20200907
関係ないが御宿のノラ猫ししちゃんの写真
スポンサーサイト



[ 2020/09/07 09:36 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)

100勝目はやっぱりダイアナブライト!

 フェブラリーSは3連単ゲットで、僕自身の最高配当に。

20200224

 先々週に続き、まるで後輩TACOさんのような配当だが、まあこんなのはすぐに「溶ける」(笑)。あぶく銭は溶ける。
 というか、溶かすまえに半分くらい上野でなくなる(爆)。

 競馬のあと、映画「パラサイト 半地下の家族」をみた。前日になぜか「スラムドッグ$ミリオネア」をみていて、世界の「貧困」の話をここで書くべきなのだが、46万の配当でとりあえずこのタイミングで書けないだろう、ということで映画の話はまた次回。ここでは競馬の話にしておく。

 というわけで、僕のリアル持ち馬が日曜になんと「JRA 100勝」。しかも、100勝目はダイアナブライト(JRA+地方で120勝目)。
 下記、「持ち馬100勝!」(JRA+地方で100勝)の100勝目もダイアナブライトで、そのときはJRA86勝。昨年の6月から14勝を積み上げるのに8か月かかった。

 http://ci5.blog20.fc2.com/blog-entry-2091.html

 その間、初のG1勝利(グローリーヴェイズ)を含め、ようやく馬主らしい勝ち方ができるようになった。

 2本の映画の感想ではないが、格差は間違いなくある。この絶対的な格差に勝つには、やっぱりこの「不確実な勝負」しかないのである。(管理人)
[ 2020/02/24 14:52 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)

G1初勝利とは

 もう2週間も前の話になるのだが、リアル持ち馬グローリーヴェイズが香港ヴァーズを圧勝!

 一口馬主8年目、6世代目にしての初G1勝利はホントに長くて遠かった……。

 それだけ嬉しさもバクハツ!なのである。(管理人)

20191224
[ 2019/12/24 15:30 ] 競馬 | TB(0) | CM(2)

ちっちゃいヒロイン

 昨日の菊花賞で一番注目していたのがメロディーレーン

 340kgの牝馬が前走(9/28)1勝クラス阪神2600mをレコードで圧勝。その瞬間のインパクトといったらひさびさのものだった。(ちなみに通常の牡馬は500kg前後)

 その牝馬が斤量49kg→55kgで牡馬相手に菊花賞を走る。「最軽量馬のJRA勝利」が何十年ぶりかなら、牝馬が菊花賞に出るのも何十年ぶり、勝ってしまったらいったいどうなるのか。

20191021

 で、完全なる応援馬券を握りしめて出走を迎えたら、なんと大外を最速で追い込んで5着。外れたけど全然悔しくない。
 牝馬の菊花賞出走はダンスパートナー(1995年5着)以来だという。

 でもあんまり話題になっていない……。有馬記念に出たらオジュウチョウサンよりも大変なことになると個人的には思うのだが……。

 しかし、岡田牧雄さんの馬は相変わらずおもしろい。妹のメーヴェの2018(父ドゥラメンテ)がノルマンディに来ないものか。(管理人)
[ 2019/10/21 16:30 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)

5週で途切れ、失意の日々

 気づいたら2週間以上ブログの更新が途切れていた。タイトル通り、6週連続勝利を狙うも、5週連続で途切れてしまったからだ。

9/7 (土)サクセッション   アスター賞 1着
9/16(月)ブランメジェール  1勝クラス 1着
9/23(月)クイーンズトゥルー 笠松    1着
9/30(月)リーピングリーズン 盛岡    1着
10/5(土)ピボットポイント  1勝クラス 1着 ※全然期待してなかった馬が勝利!

 で、期待した馬はどうだったかというと……。

10/6(日)グローリーヴェイズ 京都大賞典(G2)6着
10/14(日)プリモシーン    府中牝馬S(G2)15着(シンガリ……)

 14日のプリモシーンのレースは共有馬主ゴロ八と府中で観戦も残念。というか、あまりの結果に愕然。
 口取りの権利も取っていたのに(プリモシーンの口取りはこれで4回目で、2回はゴロ八と府中で観戦も勝利ならず(NHKマイルC5着、ヴィクトリアマイル2着)、1回は中山(ダービー卿チャレンジT2着)。「口取り+勝利」とはじつに難しいものだ)。

 で、4回目の口取りもならず……。あまりの失意のせいでブログ更新どころではなかった。

 というのは嘘で、副業が忙しかっただけだが……。
 というか、競馬しかネタがない(笑)。(管理人)
[ 2019/10/17 15:57 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索