絵日記 日日平安
FC2ブログ
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10

『東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか』中村淳彦


 非常に「痛くて」「暗澹たる」気持ちになる本。

 いまの学生はまったくお金がない、「奨学金貧困」、そして若い女性があっという間に風俗に走ってしまう現実。

 さらにショッキングなのは、高学歴で結婚して裕福に暮らしていたはずの女性がまさに「躓いてしまう」経緯で、

「離婚」「シングルマザー」→「再就職」→底辺の現場で「パワハラ」「セクハラ」を受ける→「辞めてしまい貧困」

とか、

そういう人たちを賃金の低い介護職へ導く「官製貧困」→「15時間労働」→「身体を壊す」→「医者が儲けるだけのための危ないクスリの処方」→「障がい者へ」

という貧困。

 結局、現代日本の女性たちは昔からの「婚姻制度」に薄く守られているだけのたいへん脆弱な基盤しか持たない潜在的弱者であり、ほんのちょっとしたきっかけで(夫のDVとか)婚姻制度を捨てた瞬間、単なる弱者になる。

 社会はまた悪意に満ちていて、社会の底辺にいけばいくほどあらゆる「ハラスメント」が蔓延しており、彼女たちを追い込む。さらに社会には様々な罠があり、弱い存在からもまたお金をむしり取る人たちがそこらじゅうにウヨウヨ。

 そういえばたったいま、5分前に入っていた「PRONT」でも、隣の席で完全な「ネズミ講」か「自己啓発」かわからないが、詐欺商法であることは間違いのない「勧誘」で一人の女性が騙されていた。

 いつからこういう時代になったのか、昔からこんなに貧困だったのかよくわからないが、そんな底辺の会社でなくても「パワハラ」や「セクハラ」は溢れており、外へ出ると人々は悪意で充ちている。そう感じしかないという、恐ろしい本。(管理人)

20190913
こちらもイギリスのお土産写真。どこかわからないが、クイーンの展示物がある店らしい。白いギターに「QUEEN」、黒い衣装に「BRIAN MAY」とある。
スポンサーサイト



[ 2019/09/13 13:27 ] | TB(0) | CM(0)

「干される」問題

 公正取引委員会の「注意処分」により、某有名アイドルグループや有名女優への「圧力問題」が話題になっている。圧力元は彼らが所属していた事務所だといわれているが、こういう問題は様々な「差別問題」と同じで、彼らを「干す側」、つまりメディア制作側の「忖度」によるところが大きい。「何か問題がありそうだからとりあえず避けておこう」ということで、実際に圧力をかけたり差別したりしている人たち以外の人たちが無理やり「空気」を読んでいる結果なのである。

 芸能界だけでなく、「干される」問題は多くのサラリーマンにとって他人事ではない。単純に上司に嫌われて干されるのなら話は簡単だが、「なんとなく」仕事ができないとか、組織にとって「なんとなく」面倒で邪魔だとか、そういう「誰が言ったのかわからないその人への評価」が会社に蔓延して、そんな評判によってその人が「干される」ことはよくあることである。

 「みんな言ってるよ」というような話は僕自身もよく耳にするが、「いったいそれ、誰が言ってるの?」と突っ込むと、話す人はみな押し黙る。つまりは誰が言ってるのかは「言えない」のか、誰が言ってるのか「わからない」話を、なんとなく無責任に蔓延させているだけなのである。そんなことで「評価」されて「干される」ほうはたまったものじゃない。

 つまりは「干す」、「干される」とは、そんな「空気」を微妙に読んだ無責任な権力支配の構造であり、そこにあるべき「主体」は、あるようなないような、よくわからないところがじつは恐ろしいことなのである。(管理人)

20190912
この夏、ロンドンに行った人から送られてきた2019年の「フレディの家」。まったくの変貌に驚く。
そういえばこのブログの前身のホームページは、1996年くらいと2003年くらいにイギリスに行った人からもらったフレディ家の写真を表紙にしていた。
[ 2019/09/12 15:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

8月に読んだ本 -好日読書 vol151-

 8月に読んだ本の感想を書きました。
 今回、ためしに「読書メーター」というサイトに登録して書いてみました。

 https://bookmeter.com/users/1028166/reviews

 「読書メーター」はPCでも使えますが、スマホアプリもあります。
 今回はすべてスマホで書いています。電車の中などで本を読み終わったら即感想を投稿しました。

 去年まで「今年のベスト10」という題で年に1回だけ更新していたのですが、いざ書くときには本の内容を忘れていたりして、あまりよろしくありませんでした。
 このやりかたならさすがに覚えています。

 その他の長所は
 ・書影や書誌情報が自動で入る。
 ・FBでブロックされる心配がない(笑)。

 短所もあって、
 ・スマホで書くので長い文章は書けない。
 ・当ブログは「その本を読んでいない人向け」に書いていたが、読書メーターは基本「読んだ人」向け。必然的に書き方が変わる。
 ・読んだ本が全部載る(セレクトされない)。「はずれ」の本も入ってしまう。
 ・順番は完全に読んだ順になる。編集不可。
 ・原則本の感想のみ。映画等はなし。

 しばらく使ってみようと思います。

 今月のベスト3は『夏物語』『安楽死を遂げた日本人』『AIに負けない子どもを育てる』ですね。
 引き続きよろしくお願いします。(読書一郎)
[ 2019/09/11 11:48 ] 好日読書 | TB(0) | CM(0)

ようやく9月 -ゲンゴロウの銀塩日記 vol.405

 ようやく休みだ。
 大分、更新間隔が空いてしまった。7月下旬から土日出勤になり、不定期休日で「休みのリズム」がとれない。連休でないのがこんなにも身体の疲れがとれないことが実感できた。暑さもあり、6月から体重8キロ減で、うれしい悲鳴。あの調子でいったら10キロ減も夢ではなかったろうが、今は落ち着いた。粉末プロティンを飲んでいる(人工甘味料なしのもの。ただし大豆原料は遺伝子組み換えだろうし、ホエイプロティンもどこの県のものか)。
 父親の入院が1か月を突破、母親とは口もききたくない状態で、夏季休暇はまだ1日も取ってない。単発の代休だと気力がないので、たまった録画(「YAWARA!」とかブラックジャック21」)をみる。だから今頃になって録画した「万引き家族」、映画館では「アルキメデスの大戦」をみているくらいだ(はっきりいって「アルキメデスの大戦」はチョー面白くなかった。95%くらい嘘で、フィクションを隠れ蓑にしないでほしい。「永遠のゼロ」とはエライ違い、神立さんの戦記を読んで勉強してほしい)。
 ってな具合で、延期になった花火大会は偶然休みで、独りで見に行った。不景気な中で花火の音と光はある意味人工物として美の極致で、ぼーっと見ていた。今年の夏はこうして終わっていったが、職場が変わるまでも含めて、小田さんのツアーを今年も経験出来た。
 とりあえず9月を迎えれたことは昨年の「テアトロンの奇跡の2日間」の夏と同じで、一年一年の自分の人生をまだ楽しんでいることができたことを実感できる。愛媛の聴衆はほとんど唄いつくしで、小田さん自体が涙ぐんでいた。こういう夏が続くのなら小田さんのツアーはまだまだやれる気がした。「また会うぞ」みたいなことを言って走り去る小田さん。2年後にまた会えるかな。ということでファンクラブのパネルを応募しました。
 そういう思いを噛みしめていたとき、父親がショートスティで足を骨折し、退院の見込みがまだわからない。ばっくれる施設、父親を無視する母親、フロアごと老人介護施設と化している病院。骨肉の争いが起こる予感がビシバシである。(ゲンゴロウ)

20190910a
花火大会:確か1週間遅れにやったかな。いつも走るマラソンのコース、河川敷で行わています。

20190910b 20190910c 20190910d
[ 2019/09/10 10:07 ] 銀塩日記 | TB(0) | CM(0)

『上野アンダーグラウンド』本橋信宏

 先日読んだばかりの『全裸監督 村西とおる伝』の著者の作品。まさに「横丁、路地裏、色街跡」のルポから、戊辰戦争、西郷隆盛像などの歴史、男色サウナ、アメ横、パチンコ、コリアンタウン、不忍池の老売春婦まで、上野という街の特異性をあますところなく描いた傑作ルポといえる。

 だいたい毎週のように上野に通っていても、ほとんど「点」と「点」、知っている店のことしかしらない。長年行ってるのでいろんな闇もみたし、僕よりよっぽど深くそんな闇を知っている人からもいろんな話を聞くが、結局それも「点」と「点」でしかなく、ここまで多岐にわたった「上野」の中身を読むと、あまりの街と人の混沌、奥の深さ、闇の深さに愕然とし、ああ、だからこそ上野は人間臭いのだし、汚くて危ない街なのだけど結局足を向けてしまうんだな、ということがわかる。

 著者はその答えを「上野駅」に求めているのだと思う。北からやってきた人の終着点であり、東京という新しい世界の入り口であり、その複雑で怪しい駅や行き交う人たちの群れそのものが上野をつくっている。

 それは「エピローグ」にある著者自身の話、というか著者の妻の父(義父)の話が象徴的で、北津軽郡のリンゴ園を営む義父が、稼ぎがなくなると出稼ぎに出てきて働き、「体がきしむほどの労働を死ぬまで続け」亡くなっていく。

 その義父の生前の「上野で食った中華そば、うめくってあったなぁ」という言葉をもとに、著者はルポの旅の合間にそのラーメン屋をいつも探しているがみつからない、というのが印象的で、つまりは、この義父(東北人)の「津軽と上野を往復して労働を続ける身体性」が上野そのものなんだな、というのが納得できる。

 必読、名著である。(管理人)

20190904
[ 2019/09/04 09:37 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

倉田和人

  • Author:倉田和人
  • FC2ブログへようこそ!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索